未分類

abrAsus[アブラサス]薄い財布を使った感想

最近はキャッシュレス化の流れが進み財布の中身が少なくても大丈夫になってきましたね。
クレジットカードやQRコード決済に対応した店舗が増えて現金を使う機会が減りました。
ポイントカードもスマホアプリと統合されカードの枚数も減っています。
僕は今まで結構大きめの長財布を使っていたのですが、もうこんな大きさ必要ないんじゃないかということで財布を小さくしました。

abrAsus[アブラサス]薄い財布

使い勝手の良さそうな財布がないかとネットを徘徊して見つけたのがこれです。

この薄い財布は10年ほど前からあり、薄い、小さい財布ジャンルの中ではかなり有名な存在みたいです。
商品をレビューしたyoutubeもたくさんありました。

薄い財布の見た目


左の画像が閉じた状態、右が開いた状態になります。
ちなみに僕が購入したのは一番安くて傷のつきにくいエンボス加工されたものです。
画像でもおわかりいただけると思いますが普通の財布とは違った構造になっています。

薄い財布が薄いわけ

この財布の収納ですが上の画像で下から小銭入れ、カード入れ、札入れという順番になっています。
よくある財布が厚くなるのは重なっている革の枚数が多い、小銭とカードが重なるという理由からなんだそうです。
アブラサスの薄い財布ではカードをまとめて収納することで重なる革の枚数を減らし、小銭入れとカード入れの位置をずらすことでこの薄さを実現できたらしいです。
実際に使ってみると本当に薄くて小銭、カード、札を入れた状態でもシリコンケースをつけたiphone11と同じ程度の厚さしかありません。

薄い財布の使い勝手

独特なギミックのためネット上の評価も別れていましたが僕は使いやすいと感じました。

収納力

薄い財布の収納力は
小銭999円分(500×1,100×4,50×1,10×4,5×1,1×4)15枚
カード5枚+隠しポケットに1枚
札20枚ほどとなります。

小銭と札に関しては問題ないかと思いますが、ポイントカードを大量に保有されている方にはカードの枚数が足らないかもしれません。
僕のカード入れはクレジットカード×2,免許証,保険証,ETCカード,隠しポケットにキャッシュカードという構成になってます。
無駄なものを持たないという習慣が身につくのもこの財布のメリットかも知れません。

独特な小銭入れ

一番賛否が別れていたのがこの小銭入れです。
小銭を横に並べていれる構造になっているのですが、きれいに並べようと思うと少し時間がいるかも知れません。
しかし並べてあるとかなり見やすく会計時にもたつくこともありません。
支払うときよりもお釣りをもらう時が大変かもしれません。
ただ、キャッシュレス化が進んで小銭を使う機会はかなり減っているので特に不便を感じたことはありません。

縦に使う札入れ

この財布では札は縦向きで数えることになります。
一般的な財布と札を見る向きが違うので慣れが必要ですが慣れてしまうと札を広げる動作が容易なので使いやすいと感じました。

薄い財布のデメリット

独特なギミックな財布ですのでデメリットももちろん存在します。

カードが傷つきやすい

カードを1箇所に重ねて収納するため、カードを出し入れする際にカード同士がこすれて傷が付きます。
クレジットカードやキャッシュカードのように磁気がついているカードの場合磁気の破損があったというレビューもありました。
特にクレジットカードやキャッシュカードのように数字に凹凸がつけられているカードを重ねる場合は注意が必要です。
僕はクレジットカード→免許証→クレジットカード→保険証→ETCカードといったように凹凸の無いカードを間に挟んで対応しています。

カードが落ちる

これもカード関係ですがこの財布のカード入れはカードを5枚入れた状態でカード同士が押し合うことで保持しています。
そのためカードを4枚にしてしまうと押し合いの圧力が足りずカードが落ちてきてしまいます。

おわりに

カード関係のデメリットはありますが総合的にはとても良くできた財布だと思います。
今までつかていた長財布ではズボンの横のポケットには全く入らないしお尻のポケットに入れるとはみ出してしまうため手で持つかかばんに入れるしかなかったです。
この薄い財布は横のポケットに問題なく収まってくれます。
キャッシュレス化が進み財布自体の必要性が薄れている現在、大きい財布を使っている方は小さく薄い財布に乗り換えてみてはいかがでしょうか?
同じ会社で小さい財布という商品も出ています。