レビュー

abrAsus[アブラサス]保存するメモ帳レビュー

僕は普段からメモを取る機会が多いのでメモ帳をいつも持ち歩いています。
年間で何冊もメモ帳を消費するので携帯性と保存に便利な商品を探していました。
携帯性と保存のしやすさにおいて現在最強であろうメモ帳を見つけましたのでレビューします。

保存するメモ帳とは

薄い財布、小さい財布で有名なabrAsus[アブラサス]さんの商品です。
社長がミニマリストらしく無駄なものがはぶかれたシンプルな作りになっています。

メモ帳というよりカバー


メモ帳という名前にはなっているのですがメモを取る紙はなく革製のカバーが商品です。

A4コピー用紙を折って使う


このメモ帳はどこにでもあるA4サイズのコピー用紙を8分の1サイズに折って使います。

右の画像が用紙をセットした状態です。下がA4用紙、上には名刺が入っています。
名刺が入れられるのはかなり便利で数枚入れておけるので名刺入れを持ち歩くことがなくなりました。
普通のメモ帳ははじめからすべての紙がセットされた状態なので厚くなってしまいますが保存するメモ帳は最低限の紙しか入れない構造のため薄い状態を保つことができます。

この薄さです。

携帯性


メモ帳の重要な要素である携帯性です。
保存するメモ帳を使う前は長い間Rollbahnのポケット付きメモ帳を使っていました。
サイズを比較すると高さは保存するメモ帳の方が若干高いものの幅はほぼ同じになります。
厚さはRollbahnの半分ぐらい。やっぱり薄いですね。
僕は普段シャツの胸ポケットに入れて持ち歩いているのですが薄くて軽いため全く気になりません。
ペン差しがついていてペンも一緒に持ち運びできるので胸ポケットから出してさっと開けばすぐにメモを開始できます。
携帯性においては完璧です。

メモを取る

メモ帳のメインの役目です。
実はここにマイナス要素があります。
A4の用紙を折ってはさんでおくのですがこの保持がいまいちで横向きにしたりすると用紙が落ちます。
そのためメモ帳を持っている手で意識して紙を押さえておく必要があります。
ただしプラスの面もあって用紙を広げてA4サイズにすることができることです。
図や表を書きたいときにはこれがかなり便利です。
普通のメモ帳ではサイズが決まっているのでこうはいきません。

使用後の保存

僕がメモ帳に求める機能ではこれも重要になります。
Rollbahnを使っていたときはおよそ2ヶ月に1冊のペースで消費していたので書き終わったメモ帳を保存しておこうと思うとかなりのスペースが必要になります。
しかもメモ帳を1冊使い切るごとに増えていきます。
この問題を解決できるのが保存するメモ帳で名前の由来にもなっている機能です。
皆さんお気づきかもしれませんが汎用性の高いA4サイズなのでデータとして保存できるのです。
僕は書き終わったらスマホのカメラで撮影してPDF変換してエバーノートに保存しています。
エバーノートのタイトルを工夫しておけば検索するのも楽ですし何より物理スペースをとりません。
これはほんとに画期的で購入するときの一番の動機になりました。

おわりに

メインのメモをとるという場面で少しマイナスな要素はありますが携帯性、使用後の保存の面でマイナスをカバーしても余りあるプラスを生み出してくれます。
メモはよく取るけど保管に困るという当時の僕のような悩みを持つ方は保存するメモ帳が解決してくれますよ。

同社の商品で1番人気の薄い財布のレビューもしています。

abrAsus[アブラサス]薄い財布を使った感想最近はキャッシュレス化の流れが進み財布の中身が少なくても大丈夫になってきましたね。 クレジットカードやQRコード決済に対応した店舗が増...