便利

家事の時短にルンバは必須早く導入すべき

掃除機って毎日かけてます?
大人だけの世帯であれば休日にまとめてかけるってのもアリだと思います。
でも子供いる世帯だとなかなかそうはいかないですよね。
まだハイハイしているような子がいる家庭では床をきれいに保ちたい。
子供が動き回るようになると色んなものを落とす、こぼす。
毎日掃除機かけたいけど時間はかけたくない。
もうルンバに任せましょう。

とにかく時短がメリット

僕の住まいは2LDKのアパートですが掃除機で掃除しようと思うと20分程度はかかってしまいます。
しかしルンバを買ってからはそれが0になりました。
どうしても細かいところや、開けきったドアの裏側などはルンバが入れないため週末にクイックルワイパーなどで掃除します。
しかし毎日20分が節約できるため1週間で140分、1ヶ月だとなんと600分=10時間の節約になります。
これだけでも導入しない理由がありません。

優秀な掃除能力

僕もルンバを使う前は「ある程度はやってくれるだろうけど所詮はロボットだし…」とか思ってました。
ルンバを初めて使う時、ルンバの能力を確認するために自分で掃除機をかけたあとにルンバをスタートさせました。
そうじが終了したルンバのダストボックスを開けてみるとこぶし大のホコリをキャッチしていました。
今までの僕の掃除はなんだったんだろう…
そう、ルンバの掃除能力は優秀なのです。
特にフローリングに関しては素足で歩くとルンバが通ったところと通ってないところの区別がつくくらいに掃除してくれます。

床が片付く

ルンバの機能ではないですが、床に物が置いてある状態ではルンバが掃除できないので強制的に床のスペースを確保することができます。
床にものを放置しない習慣を身につけることができます。

スマホやスマートスピーカーとも連携

機種にもよりますがルンバの起動方法は本体のスタートボタンを押すだけじゃないんです。

スマホ連携

専用のアプリを使って掃除をスタートすることもできます。
家の外からでも掃除をスタートすることができます。

スケジュール機能を使えば曜日ごとに掃除を開始する時間を指定できます。
僕は朝子供を保育園に送りながら出勤しています。
毎日子供の準備を急がせるのが結構大変。
しかし、ルンバがあれば家を出る時間に掃除を開始するように設定してるのでルンバが掃除を始めると子供が焦って準備を始めるので別の意味でも便利です。

スマートスピーカー連携

スマートスピーカーとも連携することができます。
僕はアレクサと連携させているので
「アレクサ、ルンバで掃除して!」で掃除を始めてくれます。
まぁ、正直そんなに使うことはないですけど出かけるときに玄関で叫べば掃除が始まります…
あと子供は喜びます。

ルンバのデメリット

ここまでルンバのメリットを書いてきましたがここからはデメリットを書いていきます

無情になんでも吸い込む

メリットと表裏一体にはなるんですけど床においてあるものは何でも吸い込みます。
ピアスや指輪、子供の小さいおもちゃなんかは注意が必要です。
しかし、子供も出しっぱなしにするとルンバに吸われることがわかったのか以前よりも片付けをするようになりました。

柔らかいカーペットは注意が必要

ルンバはブラシを回転させてホコリをかきだすため柔らかな素材のカーペットでは毛羽立ちができるかもしれません。

ダストボックスに溜まったゴミを捨てるのがめんどくさい

説明書を読むと毎日ダストボックスに溜まったゴミを捨てるように書いてあります。
ルンバによって掃除機から開放された僕はこれすら面倒になっています。
ただし最上位機種を選べば自動的に溜まったゴミを吸い出してくれるみたいです。

iRobot アイロボット 【国内正規品】 ロボット掃除機 「ルンバ」 i7+ ダークグレー[Roomba ルンバi7+ i755060 お掃除ロボット]

ただし結構な値段しますけど。

おわりに

ルンバはもっと早く買っておけばよかったと思わせてくれた家電の一つです。
僕の家のような2LDKであれば安い機種でも十分だと思いますのでぜひ検討してみてください。
一度使うとルンバのない生活には戻れなくなりますよ。