哲学レジェンドが現代化!?JKと巡る京都



みなさんこんにちは!京都を旅行中バスの運転の荒さに衝撃を受けたyocchiです!

みなさん読書はお好きですか?yocchiは今まで全然本を読んでこなかったんですが、そろそろいい年だし色々な知識を身につけたいと思い時間が空いたときに読書をするようにしています。これまで全く本にふれてこなかったためネットを検索して評判のよい本を探しては読んでいるのですが、その中で実際に読んでみてよかったものを紹介していこうと思います。

原田まりる著「ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。」

某有名youtuberが紹介したのを見て手に取ったわけですが最初に思うのは

タイトルなっが!ですね!あとこれは書店で買ったのですが表紙?パッケージ?がなんかあれなためレジに持っていきづらい雰囲気を出してくれていました。内容はというと

哲学エンターテインメント小説登場!!京都を舞台にした、人生の意味を追求する哲学の巨人たちと、哲学を知らない17歳のアリサの成長を描いた感動ストーリー。(「BOOK」データベースより)

うーんこれだけを読むとまったく内容がわかりませんが実際中身を読んでみるとその通りの内容になってます。

あることをきっかけに女子高生アリサのまわりに今は亡き哲学のレジェンドたちが憑依?転生?した現代人たちが現れ、レジェンドたちが残した名言とともに人生を生きる意味や感情の起伏をどうとらえるかを教えていきます。

今まで哲学なんてまったく触れてこなっかたのですがとても読みやすい内容でした。哲学を知らないyocchiでも名前くらいは聞いたことがある哲学者が現代風にアレンジされ、読者モデルや喫茶店のマスター、ガールズバーのオーナーとなって登場しますw 360Pほどのボリュームですが普段から読書をされる方なら2~3時間もあれば余裕で読めてしまうと思います。

いままで触れることのなかった哲学ですが哲学者の名言や考えを読むと普段あまり意識することのない感情を刺激されているようでとても面白かったです。

「生まれ変わるのならば、また自分でありたい。そっくりそのままリピート再生したい」byニーチェ

これくらいくいのない人生を送りたいですね!

哲学好きの方だと物足りない内容かもしれませんが哲学初心者の入門書にはかなりお勧めです!興味があったら読んでみてくださいね!










コメントを残す