未分類

子供ができたらリュックでしょ!無印良品肩の負担を軽くするリュック

子供ができるとお出かけの時なにかと荷物が増えますよね。
おむつに着替えにお菓子におもちゃ。
そんな時お出かけのカバンは収納力のあるリュックが最適。
僕が普段使っているリュックを紹介します。

無印良品 肩の負担を軽くするリュック

僕が普段使っているリュックは無印良品の[肩の負担を軽くするリュック]という商品です。
とてもシンプルなリュックで色は黒とネイビーが選べます。
商品名にもなっているように肩の負担を軽くするためのショルダーパッドを使っていて特許もとっているそうです。
実際に他のリュックに同じ量の荷物を入れて比べてみましたが確かに無印良品のリュックのほうが軽く感じました。
負担を軽くする効果を出すには正しい背負い方をする必要があり肩紐が緩んだ状態では効果が出ません。
背中とリュックが密着する状態で背負いましょう。

肩の負担を軽くするリュックの収納力

ポケットが5つついています。

メインポケット

このリュックのメインポケットです。
中が2つに仕切られていて背中側にはノートPCを入れることを想定して簡単なクッションが付いています。
また、マジックテープで取り外しができるバンドも付いています。
リュックの容量は19リットルとそこまで大きいわけではないですが一泊二日程度の旅行でしたらこれだけで収まりそうなスペースはあります。
子供の着替えやおむつ、おもちゃ、お菓子はいつもこのメインポケットに入れています。

外側サブポケット

メインポケットの外側には小さめのポケットがついており小物を収納できます。
ポケットティッシュやメモ帳など小さくて軽いものをこのポケットにいれています。

サイドポケット×2

このサイドポケットがあることでとても便利になります。
500mlのペットボトルや折りたたみ傘に丁度いいサイズになっています。
特にペットボトルを入れる場合ファスナーを開けたり、リュックを下ろしたりしなくてもペットボトルが取り出せるため子供がの「飲み物飲みたい」といった場合でもすぐに対応できます。
またペットボトルを立てた状態で固定できるのも便利です。
子供にペットボトルで飲み物をあげる場合ボトルキャップを吸口のある子供用のものに変えるんです。
そのボトルキャップですと倒した状態だと漏れてこないか不安なので立てた状態で固定できるのは助かります。

ファスナー付きサイドポケット

背負った状態で右手側に有るファスナー付きのポケットです。
入り口は広くないですが背中側の下半分が収納スペースのため中は結構広い作りになっています。
このポケットもリュックを降ろさずに出し入れができるので財布や鍵など貴重品類を入れています。
リュックを降ろさずにお会計ができるので子供を抱っこしているときなどとても便利です。

リュックのプチカスタム

ファスナーの部分にはリュックと同じ素材で作られたつまみがつけられています。
僕はこれを切ってはずして手芸屋さんで買ってきた革紐に付け替えました。
簡単なカスタムですが少し見た目に高級感がでていい感じです。

おわりに

無印良品の肩の負担を軽くするリュックはシンプルな見た目で使いやすく、収納力もあるためおすすめです。