レビュー

A4用紙をメモ帳にするバインダーHINGE[ヒンジ]

以前の記事でA4コピー用紙を折りたたんでメモ帳にするアブラサスの保存すメモ帳を紹介しました。

abrAsus[アブラサス]保存するメモ帳レビュー僕は普段からメモを取る機会が多いのでメモ帳をいつも持ち歩いています。 年間で何冊もメモ帳を消費するので携帯性と保存に便利な商品を探して...

これはシャツの胸ポケットに納まる携帯性抜群の小さいメモ帳でした。
今回はA4コピー用紙を折りたたまずに持ち運ぶメモ帳になります。

A4を持ち運ぶHNGEとは

A4コピー用紙をメモ帳として持ち運ぶことができる究極にシンプルなファイルで色は白と黒の2色が選べます。
本体にA4用紙約40枚の収納とキャップ付きのペンを引っ掛けることができ、表紙を開くとバインダーのようになります。
ペンをキャップから引き抜いても蓋はHINGEに引っかかったままになっているのでキャップの落下を気にすることなく筆記にうつれます。
開いて0秒で筆記を開始できることでとっさに浮かんだアイデアを逃しません。

HINGEのメリット

リフィルがどこでも補給可能

リフィルがA4コピー用紙なのでどこでも手に入りますし値段も安いです。
気にせずにどんどんメモが取れます。

ペンも一緒に携帯

ペンを引っ掛ける場所があるので一緒に携帯できます。
ペンがなくてアイデアを書き逃したなんてことはありません。

お出かけ時の子供の遊び道具に

子供とお出かけすると待ち時間などで子供があきてしまい時間をつぶすのに苦労することが多くあります。
そんなときにHINGEを使って落書きすれば子供の気も紛れます。

0秒思考と相性がいい

以前に紹介した[0秒思考]という書籍のメモの方法と非常に相性がいいです。

「0秒思考」を読んだ感想毎日は意思決定の連続。 一つ一つの決定に時間を使っていては物事が進んでいきません。 そんな意思決定をスムーズに行うようにするための本...

相性がいいというか0秒思考を実践するために開発されたんじゃないかと思うレベルです。
僕の中では0秒思考とHINGEはセットになっています。

ペンはPIROT VCORNがおすすめ

キャップ付きのペンであればほとんどのものが対応していると思います。
しかし僕の中では0秒思考とセットなので滑りがよく高速で書くことができるPIROT VCORNがおすすめです。

HINGEPROとの比較

同じ会社の商品にHINGEの上位モデル?のHINGEPROという商品があります。

表紙が2倍の厚さで収納できる用紙も約60枚とノーマルのHINGEに比べて1.5倍になります。
それ以外のところはほぼ同じなのですが表紙を厚くした関係で表紙を閉じたときの本体の厚さが1.5倍ほどになってしまいます。
収納力も増えているのでトレードオフにはなりますが僕は携帯性が落ちるのはマイナスポイントかと思います。
好みになりますが僕とするとおすすめはノーマルのHINGEです。

おわりに

商品自体が非常にシンプルな作りなのでどこに持っていっても違和感なく使えます。
薄くて軽いので携帯性もよく僕は常にカバンに入れています。
やはり0秒思考とセットになる商品だと思うのでHINGEが気になった方はぜひ0秒思考もチェックしてみてください。

「0秒思考」を読んだ感想毎日は意思決定の連続。 一つ一つの決定に時間を使っていては物事が進んでいきません。 そんな意思決定をスムーズに行うようにするための本...