未分類

「0秒思考」を読んだ感想

毎日は意思決定の連続。
一つ一つの決定に時間を使っていては物事が進んでいきません。
そんな意思決定をスムーズに行うようにするための本を紹介したいと思います。

0秒思考とは

迷ったり思い悩んでいる時間がゼロ。
瞬時に現状を把握し、瞬時に意思決定し、瞬時に行動に移す最強の状態です。
なかなか思うように作業が進まない、仕事が遅い人は現状把握、意思決定が遅いため行動に移るのが遅くなっています。
そんな状態を改善し現状の把握、意思決定、行動に移るまでをスムーズに行うのが0秒思考です。
本書ではその0秒思考の具体的な練習方法が書かれています。

0秒思考はメモで鍛える

0秒思考はメモを書くことによって鍛えられると書かれています。
メモを書くことで頭が整理されアイデアがどんどん出てくる状態になるのだそうです。

具体的な方法

1.A4用紙を横向きに置く
2.タイトルと日付を書く
3.タイトルについての思いを1分で5~6行書く(超高速)
*本書ではもう少しメモのノウハウが書かれていますので気になる方は確認してみてください。

この方法で1日に10枚=10分のメモを取ることを3週間~1ヶ月続けることで劇的に意思決定の速度が上がるとされています。
僕もこの方法を知ってから毎日とまではいきませんが思考を整理したいときはこのメモのとり方を活用しています。
やってみるとわかりますが、タイトルと日付を含めて5~6行を1分で書ききるのはかなり困難です。
ほんとに悩んでいる時間はありません。頭に浮かんだものを反射的に書いていくイメージです。
しかし続けていくと確かに書く言葉が頭から出やすくなるのを実感できます。
これは10枚書くだけでも最初の1枚目との違いが明らになります。

メモの活用

このメモのとり方は0秒思考を鍛えるだけでなく資料作成の下書きとしてもものすごく有効です。
仕事で資料を作成するときにまず全体の構成で1枚のメモ。
その構成の章ごとにメモを1枚作って節を考えていく。
こうすることでいきなりPCの前で悩みながら資料を作るよりも劇的に作業時間を節約できます。
この方法を知ってからは常に実践しています。

メモを取るのに適した道具

どこにでもあるA4用紙とペンがあれば実践できるのですが最適な道具もあります。

ペン PILOT VCORN

0秒思考に最適なペン。本書内でも紹介されています。
水性のため滑りがよく超高速で筆記していく0秒思考でもストレスを感じません。
値段も手頃なので0秒思考に興味がある方はこのペンを強くおすすめします。

A4バインダー HINGE


A4用紙を持ち運ぶためのバインダーです。
ペン差しもついているため表紙をめくれば即メモ書きを開始できます。
とてもシンプルで使い勝手がいいです。
アマゾンより公式サイトのほうが安いですが送料かかります。
ちなみに表紙が厚くなっているPROもありますが用紙の保持がいまいちなため標準タイプをおすすめします。

おわりに

メモを取る方法に関しての書籍は何冊か読んでいますが僕が読んだ中では最も簡単で汎用性の高い方法だと思います。
一度この方法を身につければ使える機会はものすごく多いです。
思考がまとまらない、仕事が思うように進まないと感じている方には超おすすめです。
本はものすごくコスパのいい自己投資ですよ。